<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
みなさん、ありがとうございました
みるちゃんへのお悔やみ、また 私への温かいお言葉をありがとうございました。
すっかりご無沙汰してしまって、申し訳ありません。
みるちゃんがいなくなって3週間・・、まだお家を片付けられず・・
つい見つめてしまいます。

2005年9月13日 永眠

その日の朝、いつもより少し寝過ごしてしまい、みるちゃんの様子を確認せずに会社へ行く支度を始めました。
毎朝確認していたのに・・、その日に限って・・。
明け方ゴソゴソと動くみるちゃんの音を聞いて「生きている」と安心していたというのもありました。
そして出掛ける直前、みるちゃんの異変に気付きました。
寝ている姿がいつもと違う!抱き上げようとしても怒りもせずされるがまま・・。
明らかに体温が下がっていました。
カイロで体を温めながら手で包み何度も名前を呼びました。
みるちゃんの呼吸は弱々しく・・だんだんと小さくなっていき、突然3回くらい大きく息をして、その後 微かに動いていたお腹がスーっと動きを止めました。
静かに・・眠るように亡くなりました。
本当に・・まるで眠っているようで、何度も心臓の音が聞こえないか確認しましたが、
だんだん体が冷たくなっていきました。
手にとってから僅か10分足らずだったと思います。
もっと早く気付いていれば・・。
なぜ朝起きてすぐに様子を見なかったのか・・後悔してもしきれません。

みるちゃんは8日から急にご飯を食べなくなり、回し車もせず、ずっとだるそうにしていたので・・もう長くは無いと感じていました。
ペレットは全く食べなかったのですが、スタミノンやヒマ種、豆腐は喜んで食べてくれました。
亡くなる前日も、夕方にスタミノン(ヒマ種はいらないと無視されました)、深夜には豆腐をあげました。お豆腐は全部頬袋に入れて、その後お気に入りの場所でおいしそうに食べていました。
これが元気なみるちゃんを見た最後です。

死因はわかりませんが、前日まではチッコもウンチも正常でした。
体重も、ペレットは食べなかったものの高カロリーのオヤツは食べてくれたので、そこまで減ることもなく50g。
見た目には苦しんでいる様子もなく「だるいねん」という感じ。
この調子ならもうしばらくはがんばってくれるかな?と思っていたのですが・・。

当日の朝起きてすぐに様子を見なかったことが・・
悔やんでも悔やみきれず・・・頭から離れません。
ただ、あまり苦しそうな素振りがなかったことと、
大好きな豆腐を最後に食べてくれたことが・・せめてもの救いです。

2003年3月にショップでお迎えしてから、あっという間の2年半でした。
みるちゃんを見守って下さった皆様、本当にありがとうございました。
| みるくの日記 | comments(12) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
しろさん、
辛かったね、いっぱい泣いたね。そしていっぱい思い出したよね。
今も辛いよね。でもいつまでも泣いてると逆にみるちゃん自身がいつまでもしろさんを泣かすことで辛くなっちゃうからそろそろ笑ってあげようか。(^o^)

朝起きて、すぐに様子を見なかったことが死期を早めたとは思わないよ。だっていつも通り見てて、様子が変なことに気付いたとしても何が出来る?輸血?手術?
そうじゃないと私は思う。みるちゃんね、待っててくれたんだよ。いつもと同じ時間に見てくれたらその時間に逝こうと思ってたんじゃないかな?でもしろさんが忙しかったからずっと待っててくれたの。で、やっと見てくれて、いつもと同じように温かい手に載せてくれて、幸せいっぱいで「ありがとう」って安心して逝ったんだよ。
よかったね、しろさん。最後に抱っこしてあげられたんだね。
そして大好きなお豆腐も食べてくれたんだね。
よかった、本当によかった。(^_^)
| 葵 | 2005/10/03 5:03 PM |
しろさん、お気持ちお察しします。
葵さんのおっしゃるとおり、
みるちゃんはしろさんを待っていたんですよ。
最後の最後にしろさんの手の中で息を引き取れて
みるちゃんは満足だったと思います。
みるちゃんはしろさんの愛情をよくわかっていますよ。
2年半の歳月ハムスターにとって決して短くありません。
その間しろさんと一緒にいることができて
みるちゃんは幸せでしたよ。
ハムスターを見送るとき、
「ああしていたら、こうしていたら」と
たくさん後悔してしまいます。
でも、どんなことをしていても後悔してしまうのです。
しろさん、あまりご自分を責めないでください。

わたしも前ハムのナーザが危篤のとき
ずっと抱っこしていたのですが、
どうしても手を離ざるを得なくなり、
一時巣の中に入れているすきに天国に行ってしまいました。
わたしの手の中で最後を見取ってやりたかったです。
| はむはは | 2005/10/04 7:24 AM |
みるちゃん〜ちゃんとママに「ありがとう」って言ってったのね。
ママのお手々に抱かれて安心して旅立ったって思います。

みるちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
| ゆうなのママ | 2005/10/04 1:36 PM |
みるちゃん、苦しむ事なく、眠るように、しろさんの手の中で
旅立つことができて、とても幸せな最期だったと思いますよ。
みるちゃんにとっても、しろさんにとっても。。。
後になると「あの時、こうすれば」と思う事も多いですよね。
でも、もう後悔はしないでね。
みるちゃんが望んでいるのは、後悔する事じゃなくて
しろさんがみるちゃんとの楽しい思い出を大切にして、
毎日を元気に暮らしてくれる事だから。
私もみるちゃんを忘れないね。
丸っこくて、真っ白なみるちゃん、本当に可愛かったよね(*^^*)
| ゆうたん | 2005/10/04 5:53 PM |
お写真のみるちゃん、可愛いね。

私も何度かお別れがあったけど、どれも納得は出来てないよ。
出来る限りの事はしたから悔いはないって人の方が少ないんじゃないかな。
異常を発見しても、病気の種類や年齢によって治療法は限られちゃうよね。
手術が選択肢にあれば、又、迷う。
何が正しくて、何が間違ってるのかは分からない事が多いんじゃないかと思う。

きっと寿命であれ、病気や怪我であれ、受け入れるまで時間が掛かるものだと思う。
愛情が深ければ深いほど、そうなるような気がするな。

しろさんが凹んでると、みるちゃんが心配してゆっくり眠れないよ。
みるちゃんは又、新しい命となってしろさんとこに帰ってくる準備しなくちゃね。


| ありす | 2005/10/04 7:43 PM |
葵さん、こんばんは〜。
いつも色々と気にしてくれて、ありがとう(*^_^*)

起きてすぐに見ていれば、もっと早くから体を温めてあげて・・寒い思いをせずに逝けたんじゃないかなぁ・・・
って後悔してしまうんですよね・・。
みるちゃんは私を待っていてくれたのかなぁ?そう考えると、なんだかとても救われます。
| しろ | 2005/10/04 10:50 PM |
はむははさん、こんばんは〜。
そうかしら?待ってたのかなぁ?(*^_^*)
「そんなわけないやろ!」ってみるちゃんに突っ込まれそう・・。。

そうですよね・・色々考えると「ああしていれば・・こうしていれば・・」と後悔してばっかり。。
ナーザちゃんは、巣の中に入れているすきだったんですね。
シャイだったのかな?
みるちゃんは手の中でじっとしてることが全くなかったから、最期の10分間は抱っこ最長記録です。
私に触られた後はいつも念入りに毛繕いしてたので、
天国についたとたん、これでもか〜というほど毛繕いしたに違いない・・^^;
| しろ | 2005/10/04 11:01 PM |
ゆうなのママさん、こんばんは〜。
みるちゃんへのお悔やみありがとうございます。
抱っこされて安心したかな?(*^_^*)
今頃は天国でウマいモンたくさん食べてるといいな♪
| しろ | 2005/10/04 11:04 PM |
ゆうたんさん、こんばんは〜。
真っ白〜そう、真っ白だけど・・本当は黄色が入ってたんだよね。(笑)
どこへ消えたんだろう? 天国では復活してるかしら?
後悔はもうしないつもりです。 自信ないけど^^;
もう少し時間がかかるのかも。。
早く元気出さなきゃみるちゃんに怒られちゃうなぁ〜。
| しろ | 2005/10/04 11:10 PM |
ありすさん、こんばんは〜。
みるちゃんかわいいでしょ?(*^_^*)
亡くなってるように見えなくない?

そうだよね・・悔いのない人の方が少ないと思う。
それを受け入れて、立ち直らなきゃいけないんですよね。
まだまだ思い出すと泣けてしまうし、後悔もあるけど・・
皆様のハムずを見て、心を和ませています(^^)
耳無しわーくんとかね。
ありすさんもお世話大変かと思いますが、がんばって下さいね。
| しろ | 2005/10/04 11:18 PM |
どんなお別れでもお別れには後悔がついてきます。
みるちゃんは頑張ったんだね。
しろさんに気づかれずに去っていくのは嫌だったんだね。
長い間一緒にいてくれたお礼をしたかったんだね。

私は今でも悔やみきれません。
さんちんが家の中で下痢・脱水で苦しんでいる間
ほんの50センチ横でTV見ながらご飯食べたり、ネットしたり。
なんで気づいてやらなかったのか、
自分の愚かさを恨みます。
お世話しようとして家を覗いた時の
下半身びしょぬれで乱れた呼吸で私たちをみていた半分閉じられた瞳。
今でもはっきり覚えています。

さんちんとお別れしながら
辛いけどさんちんの頑張りに感謝しなくちゃいけないと思いました。
後悔すればするほど
私たちが気づくまで生きてくれていた頑張りを否定しているようで・・・
さんちんがいてくれて幸せだった事ばかり思い出すようにしました。

寂しいよね。
kikiちゃんもみるちゃんのこと気づいているかな。
ちいさいけどモンのすごく存在感あったものね。
しろさんが元気になればみるちゃんも安心するよね。
お空から大阪弁で激が飛ぶかも(^^;

ほんとに真っ白で美しい姿とハム生だったね。
| sannta | 2005/10/04 11:54 PM |
さんたさん、こんちは〜。
そうだよね・・どんなお別れでも、後悔はあるんだよね。
私もすぐ横で寝ていたのに・・、動いてる音で安心してしまって・・
いつも起きたら必ずする確認をしなかった。
数秒で済むことを・・寝過ごして省略してしまった自分にすごく腹が立ちます。
寒かっただろうと思うと・・やっぱり悔やんでしまう。。
けど、そうだね。みるちゃんの頑張りを否定したく無いので、
私も幸せだった事を思い出すようにしたいです。
既にお空から突っ込みが飛んできているに違いない(^^)

キキはみるちゃんが居なくなって少し不思議そうにしていましたが、
ほったらかしにされる時間が減って喜んでいるようです^^;
| しろ | 2005/10/05 12:21 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://sanpo-michi.jugem.jp/trackback/174